みなし相続財産

みなし相続財産は,被相続人が死亡していた時に所有していた財産ではないですが,被相続人の死亡によって相続人等が取得するのと経済的にみて同じ価値があることなどから,税法上,相続税として課税することになるものです。主に次のものがあります。

  1. 生命保険金・損害保険金
  2. 被相続印の死亡によって受け取る生命保険金や損害保険金のうち,死亡した本人が保険料を負担していたものです。

  3. 死亡退職金
  4. サラリーマンが在職中に死亡すると,その人に私有されるはずの退職金が遺族に支払われることがあります。この死亡退職金のうち,被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したものはみなし相続財産となります。

  5. 生命保険契約に関する権利
  6. たとえば,妻が自信を被保険者とする生命保険に加入し,その保険料を夫が負担していた場合で,夫が死亡したときは,この生命保険金は支払われません。しかし,税法上は,この生命保険契約の権利(解約返戻金請求権という解約したときに既に支払った保険料等をもとに返金を受けることができる権利)が夫から妻に移転した扱いになります。

  7. 定期金に関する権利
  8. 年金のように定期的に支給される契約のうち,被相続人が掛金を負担し,別の人が契約者となっている場合は,③と同様に,契約者は,相続や遺贈によって契約の権利を取得した扱いになります。

  9. 遺言によって受けた利益
  10. 遺言で借金を免除してもらったり,著しく低い価額で財産の譲渡を受けたような場合には,遺贈により取得したものとみなされます。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP