不在者財産管理人

相続人の中に行方不明者がいると,遺産分割をすることができません。そこで,その行方不明者の代理人を選任し,代理人に代わりとなってもらいます。

この不在者財産管理人を選任するには,他の相続人など利害関係人が,行方不明者の元の住所地の家庭裁判所に対して,選任申立てを行います。

遺産分割協議のために選任申立てをするときは,不在者財産管理人は,相続人以外の者を財産管理人の候補者とします。多くのケースでは,家庭裁判所は,弁護士を不在者財産管理人として選任します。

候補者以外の者を不在者財産管理人として選任しようとする場合,その者に対する報酬を保証する目的で,申立人が予納金を納めることになります。納めた予納金は,最終的には不在者の財産から返還を受けることができます。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP