相続時精算課税制度

贈与税の制度には,①暦年課税と②相続時精算課税があります。相続時精算課税制度は,贈与税・相続税を一体として納税を行うものです。この制度を選択できるのは,贈与者は65歳以上の親であって、受贈者は贈与者の推定相続人である20歳以上の子(子が亡くなっているときには20歳以上の孫を含みます。)であるときです。

相続時精算課税制度が選択できる場合,贈与時においては,贈与財産の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額(限度額:2,500万円)があり,その上で通常より軽減された税率で贈与税を納めます。その後,贈与者が亡くなり相続,贈与時の贈与財産と相続財産を合計した金額を基に計算した相続税額から,既に納めたその贈与税相当額を差し引きます。

メリットは,大型の特別控除があるので,まとまった金額の贈与ができること,将来値上がりしそうな財産を贈与するとその時点での価額で相続税を計算するので節税対策になることなどです。

一方,デメリットは,一度選択すると変更ができず,年間110万円の基礎控除が使えなくなること,少額の贈与であってもすべて申告手続きが必要になることなどです。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP