代襲相続

代襲相続とは,相続人となる者が相続開始以前に死亡したり,相続欠格・廃除によって相続権を失ったりした場合,その相続人に代わって,その子などが相続分を相続することをいいます。代襲相続を認めているのは,親である相続人を通じて相続利益を受ける子の利益を保障するためです。

 お父さんと先妻との間の子である元子や愛人との間の子である愛子(認知済み)は,お父さんが亡くなったとき,相続人となるはずです。しかし,お父さんが亡くなる前に元子や愛子が死亡していたり,お父さんが生前に元子や愛子を廃除していたりした場合,元子や愛子に子がいれば,その子が代襲相続することになります。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP