嫡出否認の訴え

嫡出否認の訴えとは,父の子であるとの推定を受ける嫡出子が生まれた場合において,夫が自分の子ではないとして嫡出であることを否定するために提起する訴えのことをいいます。子の出生を知ったときから1年以内に提起しなければなりません。

この訴えは,あくまで訴えを起こせるのは父ですから,父が死亡した後には提起しようがないのが原則です。もっとも,父が死亡した後でも,父がその子が生まれたこと知った時から1年経過する前に亡くなった場合であって,父が亡くなってから1年以内に相続人が提起した場合であれば,例外的に認められます。

したがって,父が生前に元子が自分の子ではないことをほのめかしていた場合であって,上記の要件に当てはまるのであれば,例外的に,元子に対して嫡出否認の訴えを提起できます。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP