親子関係不存在確認の訴え

法律上,婚姻中又または離婚後300日以内に生まれた子は,婚姻中の夫婦間にできた子(嫡出子)と推定されます。夫との間の子であることを否定するためには,原則として,子の出生を知った時から1年の期間制限がある嫡出否認という手続きを経ることが必要です。

しかし,婚姻中または離婚後300日以内に生まれた子であっても,そもそも妻が夫の子を妊娠する可能性がないことが客観的に明白である場合には,夫の子であるという推定を受けません。この場合には,嫡出否認という手続きによらず,親子関係が無いことの確認を裁判所に求めることができます。この訴訟を親子関係不存在確認の訴えといいます。

この訴訟においては,親子関係が無いと主張する者が,外観上妻が夫の子を妊娠する可能性がないことを立証します。たとえば,妻が妊娠した時期には,夫は長期海外出張中であって会う機会すらなかったことなどです。

親子関係不存在確認の訴えが認められると,父と子という関係が無かったことになります。相続の場面で言えば,その子(元子)は,被相続人の子ではなかったことになるので,相続権がないことになります。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP