固定資産税

(1) 算出方法

その固定資産の所在する市町村(東京23区内では、区ではなく都)が課税する税金です。1月1日の土地、家屋等の固定資産の所有者として、固定資産課税台帳に登録されている人に対して、その年の4月から翌年の3月までの1年間の税金がかかります。住宅用地に関しては、以下のとおり特例が設けられ、固定資産税額が安くなります。

(2) 納税通知書

東京都の場合、毎年5月頃に送付されてきます。その際、課税明細書というものが一緒に郵送されてきます。課税明細書には、「固定資産評価額」が記載されています。
建物の場合はその評価額、土地の場合は、評価額に7分の10を掛けた額が、その不動産の大まかな不動産の価値を知ることができます。

(3) 納付方法

括納付か分割納付かを選択することができます。どちらを選択しても支払う金額の合計に違いはありません。分割納付の場合、納期は原則として年4回に分けて支払うことになります。東京都の場合は以下のとおりです。

第1期⇒平成24年6月1日~7月2日 (期限7月2日)
第2期⇒平成24年9月1日~10月1日(期限10月1日)
第3期⇒平成24年12月1日~12月27日(期限12月27日)
第4期⇒平成25年2月1日~2月28日(期限2月28日)

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP