預金の凍結

被相続人の死亡を銀行に届出たことなどにより銀行が被相続人の死亡を把握すると,その時点で被相続人名義の預金口座は凍結されます。凍結というのは,すべての入金・送金・引き出し・自動引き落としなどが不可能になるということです。これは,相続人が引き出しを行おうとする場合でも変わりません。

判例によれば,銀行に対する預金債権は,相続分に応じて各相続人に分割されるので,各相続人が単独で預金債権を行使(つまり引き出すこと)ができることになりそうです。しかし,銀行が被相続人の預金口座を凍結するのは,相続人間の争いに巻き込まれないようにする対応です。

つまり,銀行の立場からすれば,窓口に来ている相続人が最終的にどのくらいの割合で預金債権を取得しているかわからないので,安易に引き出しを認めると,他の相続人が取得するはずの分を侵害したなどとして,銀行が責任を負うおそれとなる事態を回避するための対応といえます。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP