持ち戻し免除

お姉さんがお父さんにもち戻しの免除を頼んでいたようです。
そもそも、お姉さんはお父さんから持参金100万円と新居購入金400万円を生前にもらっていたのですから、お父さんの遺産総額3500万円を相続の時にお母さんとお姉さんと妹さんとで相続分通りに分けられるとすると、お姉さんはもらいすぎなのです。そこで、特別受益といえる持参金と新居購入金合計500万円をお父さんの遺産に足して計算します。この計算を「持ち戻し」といいます。

でも、お父さんが遺言の中で「姉に生前贈与した持参金100万円と新居購入金400万円は持ち戻しを免除する」と書いてあれば、持ち戻し計算しなくてよいことになります。お姉さんのもらいすぎが守られることになります。このようなお父さん(被相続人)の意思表示を「持ち戻し免除」といいます。

持ち戻し免除の意思表示は,贈与したときの被相続人の事情や利益を受けた相続人の事情などから,その相続人には相続人以外に財産を相続させる意思があったと評価できる場合も認められますが,無用な争いをしないために遺言など明確な形で残されている方が望ましいです。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP