祭祀財産承継者指定の調停申立て

系譜・祭具・墳墓といった祭祀財産は,相続財産とは異なり,別の承継ルールによって承継者が定まります。第一次的には,被相続人が承継者を指定できます。第一次的には,被相続人が承継者を指定できます。

しかし,被相続人が承継者を指定していなかった場合などで,祭祀財産の承継者が定まらないときは,まず,相続人などの関係者で承継者を決める話合いを行います。家庭裁判所において,調停委員を交えての話合いをするときは,祭祀財産承継者指定の調停申立てを行います。この調停においては,被相続人との身分関係や生活関係からみて,祭祀財産を承継して管理できる者は誰かという観点から,関係者で承継者を定める合意を目指します。

仮に合意できなかった場合,調停は審判に移行し,家庭裁判所が祭祀を主宰していくにふさわしい者を判断して承継者を指定する旨の審判を下します。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP