公正証書遺言

遺言者が、遺言の内容を公証人に伝え、公証人がこれを筆記して作成する方式の遺言のことをいいます。

一般的に、費用や手間がかかる反面、信用性が高くもっとも確実な方式であるといえます。下記のメリットとデメリットがあります。

(メリット)

  1. 公証人という専門家が関与するため、遺言能力や遺言内容、方式上の不備等で、後に争いになる可能性が少ない
  2. 遺言書の原本が公証役場に保管されるため、遺言書の滅失や改ざんの心配が少ない
  3. 自筆証書遺言の場合と異なり、開封時の裁判所による「検認」が不要です
  4. 自署ができない者でも遺言を作成することができます


(デメリット)

  1. 遺言の対象となる財産の額に応じて費用がかかります
  2. 証人を二人用意する必要があります
  3. 公証人とのやり取り等の手続きが必要になります
  4. 遺言の存在や内容を完全に秘密にしておくことはできません

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP