遺言の形式

法的に効力のある遺言は,法律が定めた方式に従うことが必要です。いわゆるエンディングノートでは遺言とはいえない場合がありますので,注意しましょう。

(1) 自筆証書遺言
遺言者みずからが遺言書を書いて作成する遺言の場合は,次の方式に従っていることが必要です。

  1. 遺言の全文を自書すること
  2. 日付を自書すること
  3. 氏名を自書すること
  4. 押印すること
  5. 加除訂正があるときは,遺言者がその箇所を指示して,変更した旨を付記して,署名し変更箇所に押印してあること

(2) 公正証書遺言
遺言内容を遺言者が公証人に口授し,公証人によって書面の作成をしてもらう遺言の場合は,次の方式に従っていることが必要です。

  1. 1人以上の証人が立ち会うこと
  2. 遺言者が遺言内容を公証人に口頭で伝えること
  3. 公証人が口授を筆記し,遺言者および証人に読み聞かせるか閲覧させること
  4. 遺言者および証人が,筆記が正確なことを承認して,署名押印すること
  5. 公証人が①から④の方式に従い作成したことを付記して,署名押印すること

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP