遺言の内容と遺産分割の内容

相続人は,被相続人の遺産を相続したことによって,相続人全員で遺産を共有していますので,相続に全員によれば,遺産を処分する自由があります。したがって,相続人全員による合意があれば,遺言と異なる内容で遺産を分割することができます。

ただし,遺言の内容が特定遺贈や「相続させる」旨の遺言であると,遺言者の死亡により遺言の効果が生じて,その財産は指定された者に帰属することになるので,遺産を構成しないことになります。

また,遺言の内容を知らずに,相続人全員で合意したとして遺産分割した場合,遺言の内容を先に知っていれば,そのような合意はしなかったといえるときは,その合意は錯誤によって無効となることがあります。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP