よい遺言

よい遺言というのは,一概にいうことは難しいですが,少なくとも,相続人間で後日紛争が生じないように可能な限り配慮されていることであるといえます。

そうすると,遺言の効力自体で争いが生じないように,方式を守ることは当然として,高齢のときであれば,遺言能力が疑われにくくなるよう公正証書とすることを検討されるとよいと思います。

また,遺言の内容として,遺留分を侵害するような分け方をしない方がよいでしょう。また,特定の相続人や相続人以外の者に偏って分けたいときは,遺言自体または別の形としてでも,そのような分け方とする理由を示すようにすれば,不満を覚える相続人が納得しやすいかもしれません。

さらに,遺言執行者(なるべく法律の専門家)を指定しておけば,遺言の内容の実現がスムーズになるでしょう。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP