遺産の記載漏れがある遺言

遺産の記載漏れがあったからといって,その遺言が無効になるわけではありません。ただし,記載漏れがあった遺産については,結局,相続人全員で遺産分割協議しなければならなくなるため,既に遺産をもらっている相続人とそうでない相続人とで,記載漏れがある遺産をどうするかでもめるおそれがあります。

そこで,遺言を書くときは,あらかじめ自分がどのような財産を所有しているのか,調査した上で,なるべくすべての財産の分け方まで考えるのが望ましいといえます。遺言を書く際に,特定の財産だけ特定の相続人などに承継させたいというときは,他の財産の分け方の指針だけでも記載しておけば,相続人が遺産分割協議のとき納得しやすいでしょう。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP