もらう人が先に死亡する

遺言者の方が先に死亡した場合には,何も問題は起こりません。
しかし,遺言で財産を受け取ることになっていた人が,遺言者より先に死亡してしまった場合に問題が起こってしまいます。

この場合,財産をもらうはずだった人が亡くなってしまったのですから,遺言の中で,その亡くなった人に対する遺贈について記載した部分は無効となります。無効となった相続財産は,分割方法の指定がされてない財産となるため,相続人全員で話し合って分割することになります(遺産分割協議)。ここで話し合いが円満に済めばよいのですが,まとまらないときに,相続人間でもめることとなってしまいます。

すなわち,このような遺言は後々の争いの火種を残すものといえます。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP