相続放棄

相続放棄とは,相続人が,被相続人の死亡によって相続財産を承継する効果を拒否する旨の意思を表明することです。

相続放棄をするには,家庭裁判所に対して申述しなければなりません。限定承認とは異なり,相続人各自が単独で申述の申立てができます。相続放棄の申述は,被相続人の最後の住所地の家庭裁判所に対して行います。

相続放棄した相続人は,その相続に関して,最初から相続人ではなかったものと扱われます。そのため,相続放棄をした者がいると,その者を除いた相続人間で法定相続分を算出することになります。

ただし,被相続人の死亡により発生する死亡保険金は,受取人の固有財産と解されていますので,受取人とされた相続人が相続放棄をしても,その死亡保険金を受け取ることができます。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP