相続放棄申述受理証明書

相続放棄申述に対する審理は,裁判所書記官による申立書,添付書類の審査及び関係人に対する照会などが行われます。場合によっては,裁判官による審問(事情聴取)が行われることもあります。

家庭裁判所は,申述が適法かつ申述人の真意に基づくものと認めたときは,申述を受理します。申述人が相続放棄申述受理証明書の交付を求めると,書記官から受理証明書が交付されます。一方,家庭裁判所が相続放棄の申述を却下したとき,申述人は2週間以内に即時抗告という不服申し立てが可能です。

ただし,相続放棄の申述が受理されたとしても,相続放棄の効果を絶対的に確定させるものではありません。地方裁判所等の民事訴訟において,相続債権者から相続放棄の有効性を争われることがあります。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP