相続放棄の期間伸長の申立て

相続人は,自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に相続放棄の申述を行わなければなりません。この期間は熟慮期間といわれています。熟慮期間は,相続人が相続を承認するか放棄するかの選択をするための判断材料を得るために相続財産を調査し,その上で選択するのに必要な期間として定められています。

熟慮期間を経過すると,全て相続することで相続関係が確定してしまいます。

熟慮期間中に,相続財産の調査が終了せず,承認・放棄の選択ができない事情があるときは,被相続人の最後の住所地の家庭裁判所に熟慮期間の伸長を申立てることができます。熟慮期間は相続人ごとに進行し,期間を伸長する必要性も相続人ごとに異なるので,期間伸長の申立ても相続人ごとにしなければなりません。

連動ページのTOPへ戻る

PAGE TOP